ハイレゾ音源配信サイト一覧!

ハイレゾ音源配信サイト一覧!

現在ハイレゾ音源は基本的には音楽配信サイトからのダウンロード販売が主な購入先になります。

WAV形式、FLAC形式、ALAC形式などのPCM方式でデータ化されたハイレゾ音源を、実店舗の店頭で扱っているお店はまだ存在しません。

ハイレゾをダウンロードできるサイトをまとめました。



Sponsered Links



実店舗での販売

ただ、最近はSACDで採用されているDSD形式の音源データもハイレゾ音源として扱われるケースが増えてきました。

この考えを適用するならば、実店舗で販売されているSACDもハイレゾ音源の一つと考えることが出来ます。

今、実店舗で購入可能なハイレゾ音源はSACDだけ、ということになります。

過去にはUSBメモリにCDアルバムの楽曲をMP3化したデータを格納してCDアルバムと一緒に販売した例などもありましたので、将来的には同様にUSBメモリにハイレゾ音源を格納して店頭で販売するような形態が生まれるかもしれません。



Sponsered Links


ハイレゾ音源を扱う代表的な音楽配信サイト

日本では5つほどハイレゾ音源のダウンロード販売を行う音楽配信サービスがあります。

mora

ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)グループの会社、レーベルゲートが運営する音楽配信サービスサイトです。

約450万曲を配信しています。

うちハイレゾ音源は2014年の段階で約58,000曲になっています。

iTunes Store以外では、唯一、SMEが版権を持つ楽曲を購入可能なサービスです。

ウォークマンとの親和性の高いサービスを提供しています。

moraはこちら

e-onkyo

日本でのハイレゾ音源配信の先駆けとなったサイトです。

2005年にWMA形式のハイレゾ音源データの販売を開始しました。

ハイレゾ音源の楽曲数は2014年の段階で8万曲以上。

ハイレゾ音源に関しては一歩先を行っています。

e-onkyoはこちら

VICTOR STUDIO HD-Music

ビクターエンタテインメントの運営する音楽配信サービスです。

本当の意味でのハイレゾ音源の他に、独自のアップサンプリング・高音質化技術であるK2HDプロセシングにより、アップサンプリングを行った音源の販売にも力を入れています。

VICTOR STUDIO HD-Musicはこちら

HQM STORE

高音質の独自のオーディオ機器の製造販売を行っているクリプトンの経営するサービスです。

音楽的評価の高いクラシック系の独立レーベルや、ジャズなどを扱います。

オールジャンルまんべんなく、という形ではなく、独自の路線をいっています。

HQM STOREはこちら

OTOTOY

ポップスを専門に扱うサービスです。

方向性が他の音楽配信サービスとは異なり、音楽を鍵としてコミュニケーションの輪を広げることを念頭に置いているようです。

DSD音源を重視しており、インディーズレーベルを数多く扱っています。

OTOTOYはこちら



Sponsered Links


ハイレゾ機種選びに迷ったら・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ