ハイレゾ音源のファイル形式と拡張子

ハイレゾ音源のファイル形式と拡張子

現在パソコンで一般的に扱える音声データの形式ファイルで、ハイレゾ音源を扱えるのは、WAV形式とFLAC形式、あとは最近ハイレゾ音源として扱われるようになってきたDSD形式などがあります。

どんなファイル形式と拡張子があるでしょうか。

このファイルってハイレゾ音源のデータを扱えるのか?という時にご参照下さい。


ハイレゾ音源の拡張子

昔からWindowsなどで利用されてきたWAV形式のファイルでもハイレゾ音源のデータを扱うことが可能です。

WAV形式ではファイルの拡張子は.wavとなります。

ネット上の音楽販売サイトなどで販売されるハイレゾ音源としてもよく利用されているのがFLAC形式です。

FLAC形式のファイルの拡張子は.flacとなります。

SACDで採用されている高音質の音楽データのデジタル化方法を使っているDSD形式も、最近徐々にハイレゾ音源として音楽販売サイトで扱われ始めています。

DSD形式のファイルの拡張子は、.dffまたは.dsfとなります。

ちなみにDSD形式のハイレゾ音源を再生するためには、DSD形式の音源データをPCM形式に変換するソフトを経由して聴くか、DSD形式の音源データをそのまま再生可能なオーディオ機器を接続する必要があります。

このため、PCM形式でデジタル化されている音源データを再生するよりも、ちょっと敷居が高くなっています。

アップルの標準的な音源データファイルはAIFF形式と呼ばれる形式です。

AIFF形式の拡張子は.aifとなります。

アップルのiTunesなどでも利用される可逆圧縮方式であるアップルロスレス形式では.mpaや.movが利用されます。

こちらのAIFF形式やアップルロスレス形式でもハイレゾ音源データの扱いが可能になっています。

その他の音源ファイルのファイルの拡張子

また、Windowsから標準で利用可能になっている音源ファイルの形式にWindowsMediaAudio形式があります。

こちらのファイルの形式では、拡張子は.wmaとなります。

もっともよく使われているであろう、MP3形式では、拡張子はもちろん.mp3となります。

ハイレゾ機種選びに迷ったら・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ