SONYのイヤホンMDR-EX650ってハイレゾ音源聴くにはどう?

SONYのイヤホンMDR-EX650ってハイレゾ音源聴くにはどう?

現在のSONY製イヤホン(インナーイヤー型のヘッドフォン)では、メインストリームと言える製品がMDR-EX650ではないかと思います。

比較的入手しやすい価格帯ながら、かなり良い音質を楽しめる製品です。

さて、このMDR-EX650はハイレゾ音源を聞くイヤホンとしてはどうでしょうか。

・製品のプロファイル

MDR-EX650はSONY製のカナル型(耳栓型)のインナーイヤーヘッドフォン(イヤホン)です。

SONYでは「密閉型インナーイヤーレシーバー」と呼んでいます。

振動板に直径12mmの新設計のものを採用することで、実効的な振動板の直径を拡大して、音質の向上を図っているモデルです。

また、ハウジングなどにはコストのかかる真鍮を採用

不要な振動を抑えて、音の純度を上げる設計となっています。

カナル型のイヤホンに共通する内容ですが、インナーイヤータイプのイヤホンとしては遮音性が高いために、外の騒音の多い環境でも音楽を楽しみやすくなっています。

また、このタイプのイヤホンは耳へのフィット具合によって使い勝手と音質が激変しますので、耳穴に入る部分のイヤーピースがいろんなサイズ、材質のもので交換可能になっています。

この部分で、簡単な音質のチューニングも行えるようになっています。

・ハイレゾ対応のロゴはない

MDR-EX650は再生周波数範囲が5~28,000Hzと、高音側がハイレゾ対応を名乗れる40kHzをクリアしておらず、ハイレゾ対応のロゴはつかない製品です。

価格も発売当初は1万円程度、現時点ではAmazonなどでは6000円+α程度で購入できる、SONY製品ではメインストリームのクラスのイヤホンです。

Amazonなどでのこの製品の評判は上々で、様々な作り込みがきちんと音に反映される製品になっているようです。

さすがにさらに価格で上位となる製品には音質では負けますが、この価格帯でも十分にハイレゾ音源の良さを引き出せる製品になっていると言えそうです。

ハイレゾ機種選びに迷ったら・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ