「音源」タグの記事一覧

ハイレゾ音源データの形式に新顔登場。MQAとは

ハイレゾ音源データの形式に新顔登場。MQAとは

ハイレゾ音源の形式に新顔が登場しました。名称はMQA。従来のハイレゾ音源と比べると、大幅にデータの容量を圧縮できることことが一つの特徴です。音質の面でも非常に優秀な形式です。

ハイレゾ音源のレンタルってできる?

ハイレゾ音源のレンタルってできる?

動画ではDVDなどのレンタルサービスがあります。
また、ネットではDRMの仕組みを利用して、時限つきの動画データをダウンロードする形での映画などのレンタルサービスもあります。
音楽もCDのレンタルサービスなどがあります。
では、ハイレゾ音源ではどうでしょう?

SONYグループのハイレゾ音源の扱いはどんな感じ?

SONYグループのハイレゾ音源の扱いはどんな感じ?

ソニーグループ全体として、家電も含めた製品・サービスの起爆剤の一つとしてハイレゾ音源をとらえているように見えるところがあります。
ハイレゾ対応の、ウォークマン、オーディオ、TV、スマートフォンなど、全ソニーで製品・サービスの充実を図っているようです。

ハイレゾ音源のレビュー!同じ曲を聞き比べてみたら?

ハイレゾ音源のレビュー!同じ曲を聞き比べてみたら?

筆者自宅のいつも音楽を聴いたり動画を見たりする環境で、何曲かハイレゾ音源の楽曲を聴いてみました。
音楽の専門家ではありませんから、レビューと言えるレベルになるかどうかは分かりませんが、その時の感触を言葉にしてみます

ユーザがハイレゾ音源を作るにはどうする?

ユーザがハイレゾ音源を作るにはどうする?

ハイレゾ音源を利用者が準備する場合に問題になりそうなのは、その元になるマスター音源とも言えるものです。
現在はそういった音源には限りがあり、比較的手軽に入手出来そうなのは、利用者自身がマスター音源の録音を行うことです。
ハイレゾの基準での録音は、パソコンやハイレゾ対応のレコーダーを使うことで行えます。

パソコンでハイレゾ音源をコピーして利用出来るか?

パソコンでハイレゾ音源をコピーして利用出来るか?

かつての音楽配信サービスで購入する音源データは、著作権保護のため暗号化が行われていました。
このため再生ソフトもこの機能に対応するソフトに限られていました。
ですが、今の音楽配信ではこのような暗号化は行われなくなっていて、私的利用の範囲ではコピーして音楽を聴くことが出来ます。

YouTubeの動画にハイレゾ音源を埋め込み可能?

YouTubeの動画にハイレゾ音源を埋め込み可能?

YouTubeの動画にハイレゾ音源を埋め込んでアップロードすることも出来るようになっています。
音声の形式は圧縮音源のAAC-LC形式です。
ただし、ビットレートが低めになっていてハイレゾらしさを出し切れるかどうかは微妙なところがあります。
また、再生される動画として音がどのようになるかは、実際に再生してみるまでわかりません。

ハイレゾ配信サイトのクラシックのハイレゾ音源の状況は?

ハイレゾ配信サイトのクラシックのハイレゾ音源の状況は?

クラシック音楽はハイレゾ音源化するのに適した音楽の一つです。
ハイレゾ音源の音質を使って、楽器の持つ様々な表情を克明に伝えることが出来ます。
また大編成のオーケストラでも、それぞれの音が他の音にかき消されることが少なく、より本物に近い音を聞くことが出来ます。
こういった事情もあり、CDなどのクラシック音楽の扱いとは異なり、ハイレゾ音源のクラシック音楽に各音楽配信サービスとも力を入れています。

各ハイレゾ配信サイトのアニソンのハイレゾ音源配信の状況は?

各ハイレゾ配信サイトのアニソンのハイレゾ音源配信の状況は?

ハイレゾ音源を扱っている各音楽配信サービスとも、アニソンのハイレゾ音源の配信にはかなり力を入れてきています。
新譜の発売の際には、CDクオリティなどの音源の発売と同時にハイレゾ音源が配信されるケースも増えています。
背景としてはハイレゾ音源にはまだプレミアの価値があること、アニソンを好んで聴く層の特徴などがありそうです。

ハイレゾ配信サイトごとのハイレゾ音源の販売価格は?

ハイレゾ配信サイトごとのハイレゾ音源の販売価格は?

現在、ハイレゾ音源の配信を行っている音楽配信サービスでは、どこのサイトでもハイレゾ音源の楽曲の価格はほぼ横並びとなっています。
CDクオリティの音源やMP3などの圧縮音源よりも割高な価格づけとなっていますが、ハイレゾ音源もアルバムで一括購入するとお得なプライスタグが付けられることがほとんどとなっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ