ハイレゾとノイズキャンセル両立可能なイヤフォン遂に登場。MDR-NC750

ハイレゾとノイズキャンセル両立可能なイヤフォン遂に登場。MDR-NC750

今までは、ハイレゾとノイズキャンセル機能を両立可能なイヤフォンがなかなか発売されませんでした。

ノイズキャンセル機能を搭載したウォークマンでも、イヤフォンだけは旧世代のハイレゾ未対応のノイズキャンセル用イヤフォンが付属する状況が続いていました。

ですが、スマートフォンではXperia Z5、ウォークマンではA20シリーズ世代になってようやく、ハイレゾとノイズキャンセルの両方に対応したイヤフォンが発売されています。

それがソニーのMDR-NC750シリーズです。

シリーズには3機種

MDR-NC750には3種類の機種が設定されています。

MDR-NC750は現在のところはほぼXperia Z5専用の形で、Xperia Z5本体に内蔵されたデジタルノイズキャンセリング回路を利用します。このため接続端子がちょっと特殊なだけで外見はごく普通のカナル型のイヤフォンの形をしています。

ダイナミック型のドライバーを採用していて、振動板に9mmと直径の小さなものを採用したこともあって、イヤーピースはこれまでのノイズキャンセル対応イヤフォンとは異なりとても小さくシンプルです。

また、Xperia Z5との組み合わせではハンズフリー通話と、バイノーラル録音にも対応するところが特徴です。

お値段は、ソニーストアで12,800円+消費税。

デジタルノイズキャンセリング回路を搭載したウォークマン用となるのが、MDR-NW750Nです。中身はほとんどXperia用のMDR-NC750と同じですが、ハンズフリー通話機能が省かれています。その分、若干価格が安く抑えられていて、ソニーストアでは11,880円+消費税で販売されています。

Xperia Z5でも利用できますので、ハンズフリー通話を使わない、と言う方はこちらを選ぶことも可能です。

もう一つの機種はより一般的なノイズキャンセル対応イヤフォンとなっていて、プレイヤー側にノイズキャンセル機能を持っている必要がなく、すべてのプレイヤーで利用できる機種となっています。

機種名は、MDR-EX750NAとなります。

こちらはイヤフォン側にノイズキャンセル機能を持つため、その部分を収めた小さな箱がくっついています。その分、若干取り回しは悪くなっていて価格もかなり高くなり、ソニーストアでは20,880円+消費税で販売されています。

ただしノイズキャンセルの能力は、こちらの方がやや高くなっています。

基本部分はMDR-EX750と同じ

これらのイヤフォンのドライバーユニットなどは、ノイズキャンセル機能に対応しないMDR-EX750と同じ物が採用されています。9mmと直径は小さい振動板ですが、強力な磁気回路の採用などで音質面でもかなりしっかりした再生が行えるイヤフォンになっています。再生周波数範囲も5Hz~40,000Hzと非常に幅広くなっています。

また、このイヤフォンと同時にデビューしているウォークマンA20シリーズやXperia Z5との組み合わせでは、ノイズキャンセル機能のON/OFFで音質の変化が少なくなっているのが特徴のようです。

より厳密に見ていくと、むしろノイズキャンセルON時の方が音質のバランスは上のようで、常時ノイズキャンセルを入れて音楽を聴くことを前提とした作りになっていると考えても良さそうです。

ノイズキャンセル能力も十分

定評のあるノイズキャンセル能力も十分です。ただ、ソニーのノイズキャンセルヘッドフォンの共通点なのですが、外界の音は完全には消えません。

電車の車内では、電車の走行ノイズやモーター音は非常に良く抑えられますが、不思議と車内アナウンスの声は意外なほど通る聞こえ方をします。外界の音を完全に抑えてしまうと周りの状況が聴覚から入ってこなくなり危険だ、という考え方で設計されているのかもしれません。

ウォークマンやXperiaなら比較的小さな差額でNC化可能

ハイレゾとノイズキャンセル両立可能なイヤフォン遂に登場。MDR-NC750

これらのイヤフォン部分のベースとなっているMDR-EX750は、ソニーストアで1万円+消費税ぐらいのお値段で販売されています。これをベースとして考えると、機種は限定されるもののウォークマンやXperiaなどでは、ノイズキャンセル機能分にあまり大きな追加料金を払うことなくノイズキャンセル対応イヤフォンを手に入れることが出来る訳です。

音質の方もかなりの水準にあるイヤフォンですから、特に標準ではイヤフォンの付属しないXperia用には決定版と言ってもいいイヤフォンと言えるかもしれません。

ハイレゾ機種選びに迷ったら・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ