MP3音源とハイレゾ音源を変換する方法は?

MP3音源とハイレゾ音源を変換する方法は?

ハイレゾ音源とMP3音源との間を相互に変換するには、それに対応するパソコン用などのソフトが必要になります。

ハイレゾ音源からMP3への変換は、多くの再生用ソフトでも対応していると思います。

ですが、MP3音源からの変換に関しては、ごく一部のソフトしか対応していません。

このあたりの事情に関してまとめてみましょう。

ダウンサンプリング

ハイレゾ音源からMP3音源への変換は、ダウンサンプリングとかダウンコンバートなどと呼ばれると思います。

より情報量が豊富なハイレゾ音源から、情報量が少なくなるMP3形式への変換ですので、

比較的単純な演算だけで変換作業を行うことが出来ます。

このため、多くのパソコンのハイレゾ音源の再生に対応するソフトでは、ハイレゾ音源のMP3形式への変換をサポートしていると思います。

ウォークマンと親和性の高いXアプリなどでは、転送先のウォークマンで再生可能な形式に自動的に変換してくれる機能などもあります。

アップサンプリング

MP3音源から擬似的にハイレゾ音源(風)の音源データを生成する操作は、アップサンプリングとかアップコンバートなどと呼ばれます。

こちらはMP3形式には元々存在していない情報を演算処理によって補間する形で、サンプリングレートの高いデータを作り出します。

このため出来上がる音源データは、サンプリングレートこそハイレゾ準拠の形になりますが、その音源が持っている情報量自体は元のMP3音源と変わりはありません。

ですので、アップサンプリングでMP3音源から生成されたデータは、本来はハイレゾ音源とは呼ばないと思います。

ただ、人それぞれの好みにもよると思いますが、アップサンプリングによって生成された疑似ハイレゾ音源を再生する方が、聞きやすい音になると感じる方もいるようです。

アップサンプリングの出来るソフト

アップサンプリングを行えるソフトとしては、以下のようなものがあるようです。

ただ、まだまだこれからのジャンルのせいか、定番と言えるソフトはまだ出て来ていないようです。

  • dBpoweramp
  • WaveUpConverter

 

再生時にアップサンプリングを行うプレイヤーもある

例えばハイレゾ対応ウォークマンでは、MP3やCDクオリティの音源も再生時にアップサンプリングを行いつつ補間処理を入れて、高音質化を図る機能を搭載しています。

その他にも、デジタル入力を備えるデジタルアンプの中には内部処理がハイレゾ相当のサンプリングレートになっていて、入力データをすべてアップサンプリング処理の後に増幅する機種もあります。

ハイレゾ機種選びに迷ったら・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ